WebMusicハッカソンに参加してきました #webmusicjp

先日、@fujikkyと一緒にチームhimakanとして参加したWebMusicハッカソン #3で優勝しました!

関連記事:
http://miscfeeling.blogspot.jp/2014/09/web-music-3.html?m=1
↑当時の発表の様子などが紹介されています

 

作ったもの

http://himakan.github.io/facetracking-effector/

起動してカメラの入力を許可すると、頭の位置をトラッキングして音が変化していきます。
(Chromeでしか動作確認してません)

MIDI機器がつながっている場合、プルダウンでデバイスを選択して連携させることができます。
(MIDI CCのマッピングはKAOSSPAD3上での挙動を想定しています)

 

WebAudio/Midiの良かったところいろいろ

以下、このイベントを機にWebAudioAPIに触れてみて、
思ったことを色々書いておこうと思います。

 

1.簡単にAudioのin/out処理を書くことができる

なんといっても手軽にAudioの入出力処理をかけるのは素晴らしいと思います。
ファイルの形式とかビットレートとか何も考えずに

  • audio in/out
  • フィルタエフェクト
  • フーリエ変換

が簡単に行えます。

AudioContextを受け渡すことで簡単に連携できるところも使い勝手が良かったです。

2.midi in/out

ブラウザからmidi機器を操作できるのは実際動かしてみるとほんとに画期的です!

ただし、現状動くブラウザがかなり限られているようです。

3.JavaScriptならではの良さ

HTML + JavaScriptで作品を作ることができるので

  • 作品の公開が簡単
  • 開発環境 実質0円!
  • 公開されているたくさんのライブラリと連携できる

・・・などなどというメリットがあります。

例えば今回頭の位置をトラッキングするのにこれを使いましたが
https://github.com/auduno/headtrackr/

JavaScriptって結構いろんなことができるんですね。。。
これがあるならあんなにお金のかかるmax/mspとかもいらないような。。。。

 

最後に

WebAudio/Midi はまだまだ沢山可能性を秘めているなーと感じました。

そのうち、DAWやPCDJ系のソフトは全部クラウド上に置かれるようになって
ブラウザが動くデバイスさえあれば
どこでも作曲やライブなどのパフォーマンスができるような時代になるんだろうなと思います。

【2014 8/17】memory of the cartridge再販します 【コミケ 東レ32b】

明日 8/17 east breaks in thousand (@ebi1000)のブース[東レ32b]
にて、
memory of the cartridgeのCDR版を再販します!


去年のM3で売っていたものと一緒です。
webリリース版には無いボーナストラックもあるので、
気になった方は是非お立ち寄りください!

Renoise+Luaでhelloworld

Renoiseの拡張機能をLuaで書けるらしいので始めてみました

準備編

  1. まずrenoise DEMO版をDL+インストール
    http://www.renoise.com/
  2. 次にスターターパックの最新版をDLして解凍しておく
    (renoiseインストールした時も同じようなのが勝手に入るんですが、こっちのほうがサンプルが多かった)
    https://code.google.com/p/xrnx/
  3. 起動オプションをつけてrenoiseを起動
    スターターパックのページにも書いてありますが、”–scripting-dev”オプションを付けて起動します。
    自分はmac版を使ってるので、Automaterで起動スクリプトを準備しました。
    スクリーンショット 2014-08-06 1.16.50
    Windowsの場合は多分ショートカット作って起動コマンドいじればいいはず
  4. configの変更
    “Help” -> “Show Preferences Folder…”で設定ファイルが入ったディレクトリを開き、
    config.xmlのShowScriptingDevelopmentToolsプロパティを
    false→trueに変更
  5. Toolsを開く
    4.でconfigを変更するとメニューに”Tools”が増える
    Tools -> “Scripting Console & Editor” で、ようやくスクリプトエディタを起動することが出来ます

実行編

スクリプトエディタで”File”->”New”
新規にhelloworld.luaなんて名前でファイルを保存。

renoise.app():show_message("はろーわーるど")

右下のexecuteをクリックすると
スクリーンショット 2014-08-06 2.05.12

こんな風にダイアログボックスを出すことが出来ました。